2014年11月02日

うつ病や精神疾患を根本的に克服する

うつ病や精神疾患は、必ず治すことができますので、

どうか希望をもってこの先をお読み頂ければと思います。


「どうすればうつ病や精神疾患を根本的に克服することができるのか?」


今から、その具体的な方法をお話していきます。




DMMアフィリエイト支援「自動で稼ぐDMMアフィリエイト」DMMの最新情報を自動でブログに投稿。DMMの商品に合わせて楽天アフィリエイトリンクコードも自動生成の特典付き
posted by うつ病完治 at 06:33| うつ病や精神疾患を根本的に克服する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

障害年金受給マニュアル

障害年金受給マニュアル
鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル
鬱病、統合失調症、躁うつ病(精神の病)のあなたに

鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル
障害年金 もらえる人、もらえない人 その違いとは?

ご購入者の嬉しいご報告のメールを是非、お読み下さいませ。

多くの成功事例があり安心です。

うつ病等の障害年金裁定請求要件
1 うつ病等で1年半以上、通院していること(一年半通院しても改善されない。)

2 保険料納付済期間が加入期間の3分の2以上である。

3 20歳以上、65歳未満

4 現在、お勤めされていない方


よくある障害年金の申請でのミスをなさるおつもりですか?

この情報を知らずして裁定請求するなんて危険すぎます。

2010年から社会保険庁は日本年金機構に変わりました。

うつ病等で障害年金の級の基準は何なのでしょう?

1級


程度は、他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずる

ことができない程度のものです。


2級

長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活が著しい制限を受けるか

又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものをいいます。

この程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、

日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものです

とは言いますが、現実には労働できない方でも

2級を頂けない方が多く存在します。



3級

労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを

必要とする程度のものをいいます。

「傷病が治らないもの」にあっては、労働が制限を受けるかまたは

労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。


ここで問題です。

医師はどこまで患者のできるできないを判断できるでしょうか?

障害年金では診断書の「日常生活の能力判定」と

「日常生活能力の程度」の部分が重要視されているようです。

例えば

「適切な食事摂取」

「金銭管理」

「身辺の清潔保持」

「他人との意思伝達」

「十分な睡眠」

「身辺の安全保持及び危機対応」

「精神状態」

これらを下記の四つに分類されます。
a) 自発的に出来る

b) 自発的に出来るが援助が必要

c) 自発的に出来ないが、援助があれば出来る

d) 出来ない


この分類を

はたして普段の受診時に医師は患者から正確に

把握して障害年金の診断書に記入できるでしょうか?

私は、どこまで正確に診断書に書き込まれるか不安でした。

そこで思いついたのが

このマニュアルの裁定請求方法です。


※ 初診日が証明できない場合の対処法も書かれています。
鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル
posted by うつ病完治 at 07:44| 障害年金受給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

うつから最短で抜け出す

うつから最短で抜け出す
数千人が元気を取り戻してきた「うつ病から抜け出すプチ認知療法」





なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法


数千人が元気を取り戻してきた「うつ病から抜け出すプチ認知療法」そのすべての方法を手に入れましょう!


「病院に通っているのに良くなっている気がしない」 「元気な頃の自分に戻れない・・・」 「毎日が辛くて仕方がない・・・」 でも、もうあなたは大丈夫です。


なぜ、多くの方が、「うつ病」から抜けることができないのか?そして、治らないと思ってしますのか?

いくつもの問題をことごとく解決してきた心理カウンセラーが、あなたの「うつ病」を解放するお手伝いをします。
posted by うつ病完治 at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

うつ病を改善出来る方法

うつ病を改善出来る方法

実は、うつ病は脳や心の病気ではありません。うつ病を改善出来る方法を映像でやさしくお教えします。










2ヶ月間 うつ病克服プログラム


実は、うつ病は脳や心の病気ではありません。2千人以上のうつ病の方を克服へと導いた、カリスマ施術家が30分後には心も身体もかるくなり、重いうつ病でも2ケ月以内に改善出来る方法を映像でやさしくお教えするプログラムです。
2ヶ月間 うつ病克服プログラム




この言葉は、私の尊敬している人物の一人である、
東郷平八郎、原敬、松下幸之助、ロックフェラー3世等、時代のリーダー達に

心服されておられた、「中村天風氏」が遺された言葉です。



自分自身のうつ病・自律神経失調症を克服するために、様々な治療法を試しても、

思うような効果が得られず 諦めかけていた時、この言葉は とても胸に響きました。



そして、絶対「自分の宿命は変えてやる」と、信念を持つことができ、

何度も挫折しそうになりながらも、今の治療法を確立することができたのです。



まさに、私の運命を変えた、”言霊(ことだま)” と言っても過言ではないでしょう。



この言葉が示す通り、著名の専門家達でさえ改善できなかった うつ病の方でも、

2カ月で改善し、運命を切り開くことが出来たのですから、ここまでお読み下さった、

あなたのその行動力と、治したい!想いがあれば、克服できる! と 断言致します。





もし、ご質問・疑問などございましたら、いつでもご遠慮なく下記の
「お問い合わせ」からご相談下さい。

私 金本が、その知識・経験を活かして、心を込めてお答えいたします。2ヶ月間 うつ病克服プログラム



薄毛の悩みを撃退するヘアケア法
究極の発毛・育毛法
posted by うつ病完治 at 08:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病が改善しないと お悩みのあなたへ…

うつ病が改善しないと お悩みのあなたへ…

2ヶ月間 うつ病克服プログラム
病院でも カウンセリングを受けても、うつ病が改善しないと お悩みのあなたへ…



数あるホームページの中から、私のホームページへとお越し頂き、また、

あなたがこのページにご興味を持って下さったことへ、心から感謝しております。



私は20代前半の頃。幼馴染の大親友を 自死で失いました…



そう、仕事のストレスが原因で、重症のうつ病に陥り 自殺したのです。

それが引き金となり、私も10年間、自律神経失調症・うつ病と苦闘してきました…



だからこそ、今の あなたの精神的・身体的な辛さが 痛いほど良く分かります。



* ズキズキと頭痛がして、吐き気や めまいに耐え切れず 職場に遅刻することも…

* 寝ようとしても 目が冴えて、なかなか寝付けない、逆に 寝過ぎることも…
* 翌朝は カラダが鉛のように重く、起き上がれない、寝ても疲れが取れない…
* 些細なことでも落ち込み易く、そこからなかなか抜け出せない…
* 食欲もなく 仕事にも行きたくなくなり、憂うつな気持ちになる…
* 激しい落ち込みが続き、日常生活(歯磨き・ひげ剃り・入浴など)の事ができない…
* 全身がだるい、何をするにも億劫で 集中力・思考力・判断力が低下…
* その為、周りからは「怠けている」「寝てばかり」と思われ、家族や 周囲の理解を
得ることが難しい…
* 風邪をひきやすく、肩コリや 首がはる、手足が冷えやすい、のどの違和感がある…
* 自分に対する無価値感、無能感にさいなまれる。些細な事でも悲しくなったり、
腹が立って、相手を責めてしまうこともある…



…などなど。症状の程度に差はあるかもしれませんが、うつ病やで悩んでおられる

方ならば、誰でも 経験があるのではないでしょうか?



そのような精神的・身体的にも苦しい中、よくぞ 突破口を求めて このページまで
辿り着きましたね。その行動だけで、本当に苦しかった、本当に改善を望んで
おられることがよく伝わってきます。本当に素晴らしいです!



しかし、もうご安心ください!!



いくら 病院に通っても、カウンセリングを受けても改善しない、

あるいは、再発を繰り返す うつ病だとしても、実際に それらを克服し、

人生を楽しく送っておられる方たちはいるのです!



その事実を知った私は、7年間「本当に効果がある方法」を求めて、
日本はもちろん、アメリカで “効果がある” と言われている治療法を、

私自信がモルモットとなり、実践・研究し続けてきました。



その結果、私は 薬を服用することなく、うつ病を克服することが出来たのです!

もちろん、再発することもありません。



お陰様で、今まで2000人以上の うつ病・自律神経失調症の方を改善してきました。

その内、95%の方が 30分後には 心も体も軽くなり、2か月以内に改善しています。

※軽度のうつ病の方でしたら、最短で1週間。重症のうつ病の方だとしても、

 2カ月以内に改善させる事は 十分可能だと、強く断言いたします。



映像を見ながらマネするだけの 簡単な方法ですから「一生治らないのでは?」と、

絶対に 諦めないで下さい!



ただ、こう聞くと「本当に、うつ病が治るの!?」と、真面目で 頑張り屋さんの

あなたは、そう思われたかも知れませんね。



今まで 病院に通院治療をしても、カウンセリングを受けてみても 一向に改善しない、

もしくは、再発を繰り返してこられたのですから、それも無理はありません。



その お気持ちの裏には、「うつ病を何とか治したい。でも、きっとダメだ…」という、

希望と 諦めの感情が入り混じった 複雑な気持ちの表れだと、私は思います。



私も10年間、苦しみ続けてきたのでよく分かります。



そこで、あなたに お客さまから頂いた生の声を ご紹介いたします。



※ただし、友人や職場には、うつ病の事を内緒にしている方も おられますので、

 顔出しの有無、名前や内容の許可を頂いた上で、公開しております。
2ヶ月間 うつ病克服プログラム



最初は 信じられませんでしたが、実際に 治療を受けてみたら…



このサイトを 誰が見ているかも分からない中、不安や 抵抗感があったと思います。

それは、彼女たちの表情や声からも 分かると思います。



そのような心境の中、私の想いや 理念をお話ししました所、深く共感して下さり、

ビデオレターを 快く引き受けて下さいました。



本当に、尊敬と 感謝の気持ちで一杯です!



ありがとうございました!!


ご覧の通り、現在 私は、治療家として 患者さんの身体の不調だけでなく、

うつ病や 自律神経失調を改善する側にいますが、冒頭でも お話ししました通り、

10年間、自律神経失調症、うつ病と 苦闘していた時期があったのです。



本当は、 心身共にボロボロで、ひどく辛くて痛かった この話はしたくないのですが、

あなたに「克服できる」ことを お伝えする為にも、告白したいと思います。


ある日、妹から 突然 知らされた 大親友の “自殺死”。

私には、幼馴染の大親友がいました。彼は、とても几帳面で

頭脳明晰。大手企業に就職して、将来有望な人材でした。



そんな彼とは、職業は違えども、お互いに 切磋琢磨しながら

高めあい、公私ともに 充実した日々を過ごしていました。



そう、20代前半のあの日までは…



優秀な彼は、入社して間もなく、社内で 重要な仕事を任せられるようになりました。それ以来、毎日 パソコンに向かって長時間 作業をすることになったのです。



当時の私は、仕事の関係上、彼とは頻繁に会えませんでしたが この頃より、

微熱が出たり、ノドが痛かったり 吐き気もあったそうなのです。



そして、「しんどい」「体が重い」「朝起きれない」「胃が痛い」「集中できない」

ということを、彼と会った時には 話していた事を思い出します。



きっと、私に 助けを求めていたのかもしれません……


しかし、当時の私は、整体で うつ病を改善できるとは、全く思っていませんでした。

「うつ病は 心の病気だから、薬やカウンセリングで治すものだ」と、信じていたのです。

なぜなら、これらの病気を治す事は、鍼灸や整体では困難だと 言われていたからです。





彼は、最初は「風邪だろう」と 高をくくっていたそうなのですが、

1週間 過ぎても改善しないため、「おかしい」と思い、近くの内科を受診しました。

その時は「風邪でしょう」という診断で、抗生物質をもらって帰途についたのです。



しかし、薬を飲んでも、一向に 良くなる気配がなかったそうです。


横になると楽になるので、自宅では寝ているか、インターネットで気晴らしを

するかのどちらかという毎日。休みの日は 出掛けるのも億劫で、会社に行くのが

精一杯になっていったのでした…
上司からは、遠回しに ”退職” を進められ 腫れもの扱い…

彼は、風邪という診断が腑に落ちず、別の病院を当たってみました。



すると、その病院では、「慢性疲労症候群」という病名を 宣告されたのでした。

帰宅して その病名をインターネットで調べてみると、「原因不明」「治療薬なし」。

その言葉を見た瞬間、彼は ガックリと落ち込んだそうです。



そして、当時 付き合っていた彼女とも、疎遠になっていきました。

休みの日は疲労困憊(ひろうこんぱい)で、デートどころじゃないのです。



当然、寂しい気持ちはあったので、それをまぎらわすかのように、
部屋で インターネットばかりしていました。



「慢性疲労症候群」と診断した病院も 持て余したのか、心療内科を紹介。その先生は、「慢性疲労症候群ではなく うつ病の可能性もある」と言われ、たくさんの 抗うつ剤を処方されたのです。



彼は 真面目な性格だったので、朝・昼・晩 と 毎日欠かさず服用しました。しかし、これといって 効果は感じられません…



それどころか、彼は 副作用が強く出やすい体質だったのか、

2週間経っても 服用時の吐き気が長く続き、眠気もひどく、以前よりも却って

具合が悪くなってしまい、とても 業務どころではなくなってしまったのです。



やっと副作用が治まっても、状況は あまり変わりませんでした。



それでも、うつ病だとは思いたくない為、「仕事が楽しい」と無理やり言いきかせては

会社に行っていましたが、重要な仕事を任されていた頃の、華々しい時代を思うと、

悔しさが 込み上げてきたのではないかと思います。



それによって、より一層 気分も滅入ったのではないでしょうか…



だから、しばらくすると 会社を休みがちになっていったのだと思います。

そして、上司からは、遠まわしに 退職を勧められたそうです。



その後、彼とは連絡が取れなくなり 心配していたのですが、、、
思わず絶句し 泣き崩れた、一本の電話。

彼と連絡が取れなくなってから、どれぐらい経ったでしょうか…

ある日、私のもとに、妹から1本の電話があったのです。



 …♪♪♪♪「もしもし? お兄ちゃん?? あのね…」



…………



……………………



妹の突然の知らせに、絶句しました。



「信じられない、嘘だと言ってほしい…」。呆然自失とする中、彼の姿が目に浮かび、

思わず 嗚咽を吐きながら号泣し、その場で 泣き崩れてしまったのです。



「なんでもっと、優しい言葉をかけて挙げなかったんだ! なんで、なんで…」と。



私は、彼に ”自殺” という選択をさせた責任が、自分にもあるのではないか?

と思い、彼の死を受け入れることができず、自分を許せなくなりました。



よくニュースで、「親友を失った悲しみで 後を追って自殺した…」と聞きますが、

その人たちの気持ちが、身にしみて解りました…。



それからの私は、自分を責め続け、苦しさに 耐えられなくなっていったのです。





そして、とうとう、、、



疲れやすい、イライラする、眠りくい、たまに頭痛がする、汗をかきやすい、

めまい、心臓がドキドキする。などの、自律神経失調症の症状が出始めたのです。



ただ、整骨院の ”院長” という立場上、仕事を休む訳にもいきませんでしたし、

他のスタッフにも、患者さまにも、上記の症状のことは隠していました。



院長という立場、身体の不調を改善することが 仕事であるにも関わらず、

自分自身の体調が悪い…では、示しがつかなかったからです。



今となっては、隠す事もなかったのですが、その時は バレることによって、

スタッフや お客さまが離れてしまい、整骨院を 運営できなくなるのではないか?

という恐怖から、自分を守りたかったのだと思います。
お前は 寝てばかりいる、怠けているんじゃないの!?

そして、29歳のある日。結婚を境に、うつ病になってしまったのです…



亡くなった親友の事だけでなく、整骨院の運営や、家族の将来的なことなど、

様々な プレッシャーが 私を襲ったのだと思います。



通勤時間は 車で約15分ですが、その時間が 何時間にも感じるようになり、

さらには、頭から首、背中まで、固い棒が埋め込まれているような 痛みや吐き気、

めまいに耐え切れず、治療院に 遅刻してしまうこともありました。



しかも、遅刻は 少しずつ増えていきました。



余裕をもって 朝早く起きようと思い、早めに寝ようとするのですが、目が冴えて

なかなか寝付けない上に、翌朝は グッタリと鉛のように重く、起き上がれません。



寝ても疲れが取れない上に、何もかも億劫で、仕事にも行きたくなく 憂うつになる…



そんな私に、家族やスタッフは「大丈夫ですか?」「しんどくないですか?」と、

気遣ってくれました。今 思えば、本当に、心から感謝の気持ちで一杯です。





しかし、当時は、優しい言葉を掛けてもらえばもらうほど、逆に 辛かったのです。



本当は苦しいけど 頑張って笑顔を作ってみたり、本当は辛いけど「大丈夫」と

言ってみたり、そうかと思えば、急に落ち込み 能面のような無表情になる。

辛くて何もしゃべれなくなり、自分をコントロールできなくなる事もありました。



逆に、「寝てばかりいる」「怠けている」、「スタッフに仕事を任せて楽をしている」

など 思われているのではと、強迫観念(被害妄想?)に かられた事もあります。



今思えば、周囲に「助けて!助けて!」と、訴えている反応だったのだと思います…
このまま一生 暗い人生なのか? という 将来への恐怖…

「病は気から」という言葉があります通り、心と体は100%繋がっています。

ですから、心が弱っていれば、当然 体調も崩しやすくなります。



それからというもの、風邪を引きやすくなり、首がはり 手足が冷えやすくなるなど、

身をもって体験したのです…



体調を崩すだけでなく、集中力も無くなり、ストレスを発散させる為に食べ過ぎて太る。

お酒の量も次第に増え、全身がだるくなり、ノドのつかえや 胃の痛み、血圧の上昇、

耳が詰まった感じがする、などの症状が出ていました。



しかし、どんなに辛くても「一人でも多くの患者さんを治したい」という使命感から、

仕事を休むわけにはいきませんでした。





ただ、やはり…



結婚したと同時に うつ病になったので、結婚のストレスが原因ではないだろうか?

だとすれば、離婚した方が 妻も幸せになれるのではないか?



また、自分の体調を管理することが出来ない人間が、この仕事(整体)を

続けてはいけないのではないか? と思い、何度も 仕事を辞めようと思うなど、

自暴自棄に陥った時期もあります。



その内、夫婦生活も 育児も 仕事に対しても自信を失い、空虚感と 悲しさに襲われ、

「自分には何の価値もない」とさえ 感じていました。



そんな毎日に、自分の未来に希望が持てず、

このまま暗い人生で終わるのか? オレの将来は、一体どうなってしまうのか?

という、将来への恐怖に 押し潰されそうになり、夜 一人で布団の中にこもって

泣いたのを覚えています。



声も出なくて、ただ涙だけが流れてて、ひどく辛くて痛かった…

そんな毎日が めぐってくることさえも呪わしくて、本気で全てを壊したいと

願ったこともありました。



そんなことできるわけがない、ということも分かっていました。



そんな自分が嫌で、憎らしくて「死んでしまった方が 絶対に 楽だ!」と、

真剣に考えた事もあります…
全てを失いかけた 私の人生を、一変させた出会い…

もちろん、何回も、精神科や 心療内科に行こうと思いました。



ですが、亡くなった彼のように、薬漬けになるのが嫌だったのです。

ましてや、病院に行っても治らないのは、彼の時に分かっていましたから…



そんなある日、東洋医学には、自律神経失調症や うつ病などを治す治療法があり、

身体を治せば それらを改善できる。という文献を読んことを思いだしたのです。



私は 身体の不調を改善するプロですので、先ずは 自分で治そうと考えました。



それからは、自分がモルモットとなって、あらゆる流派のカイロプラクティックや

整体法を試すことにしたのです…



その他にも、鍼灸、マッサージを初め、岩盤浴、漢方、心理療法、認知療法、森田療法、

催眠療法、自律訓練療法、行動療法、カウンセリング、脳内トレーニング、暗示療法、

心理分析、哲学的思考、懺悔、断食、苦行、休養、座禅、呼吸法、瞑想、足裏療法、

サプリメント、民間療法…などなど。



さらに、掃除、空気清浄機、ふとん、飲み水、食事、運動などの生活習慣の改善など、

本当に ストイックなまでに、自身の身体を使って 実験・研究し続けました。



その結果、心も身体も楽になる方法と、全く効果が無いものに分かれたのです…



そして、心も身体も楽になった原因を検証していく内に、1つ解ったことがあります。



それは…
7年間、「 仮説 → 実験 → 検証 」を繰り返した結果…

身体の 最も重要な部分を改善することによって、それまで “心の病気“ だと思っていた

自律神経失調症や、うつ病の症状が改善していく… という事実でした。

(これに関しては、後ほど詳しくお話し致しますので、注意して読み進めて下さい。)


その 心も身体も楽になる方法を組み合わせ、且つ、私自信が発見したオリジナルの

方法を 自分自身に試してみたところ…



なんと! 自律神経失調症や・うつ病の症状が、一つひとつ消えていったのです!!



完全に克服した時は「体って こんなに軽かったんだ!」「うつ病を克服したぞー!」と、大声で叫んだことを、昨日の様に思いだします。



その うつ病・自律神経失調症を克服し、人生が一変した様子がこちらです。2ヶ月間 うつ病克服プログラム




あなたの眠りと人生を変える
熟睡 睡眠ぐっすり寝ましょう。
posted by うつ病完治 at 08:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

うつ病完治の最短コース

うつ病完治の最短コース

うつ病とお別れするための、
最後の投資


このレポートで紹介している方法は、どれもお金のかからないものばかりです。

今あなたは、通院したり、薬を服用したりという経済面のみならず、
エネルギーも大変浪費しているのかもしれません。


そういった「無駄」を、もういい加減やめませんか?


たった1回の情報投資。
それだけで永久に「うつ病」とは無縁の生活を送ることができるようになります。

そこで今回のレポートは生涯の医療費、そして薬代の代わりとして、

15万円

であなたにお譲りしたいと思います。

先行価格として、半額の7万5000円で公開します。

(7万5000円なら、私の研究にかかった費用よりも安くて、
人によれば生涯のうつ病医療費よりもはるかに安くなると思います。

実際それだけの価値があると自負しています。


しかし・・・


より多くの方にこのレポートが行き渡るように、今の期間に限りまして
このページを開いている方には、9800円でお譲りいたします。)


この価格に関連することですが、伝えておきたいことがあります。

このレポートは私、河西翔が長い期日をかけ地道に研究を重ね、
実際に効果や即効性のあるものを集めた、うつ病対策の集大成です。

おそらくうつ病対策に関しては、これ以上のレポートは存在しないことでしょう。


あなたは、そのレポートの内容を調査研究するといった労力は必要なく、
読んで納得、実践するだけでいいのです。

その省いた労力の対価として考えてみてください。

繰り返します。あなたは淡々とレポートの内容を実践するだけです。
人によっては実践できない、なんてことはありませんので、
その点については安心してください。


そして、もう一つ。

10万円の価値のある、特典も忘れないで下さいね。

人によっては、こちらの情報はかなり重要になってくると思います。
すぐに行動に移せて、効果がジワジワと出てくるものですから。

特に、本レポートの内容を実践してうつ病が少し良くなりかけたころに
活用することが望ましいです。

本当は、レポートと特典をセットで10万円は頂きたいと思っているんです・・・。
どちらも「一生型メリット」のものですからね。

特典は今回は無料でお付けいたしますが、
もうすでにどこかで単品として販売されているかもしれません。











追伸1.

おそらく本レポートをお読みになった方の中には、

「もっと早く知っていれば良かった」

という思いをされる方がでてくると思います。

しかし、そんな後悔はうつ病を長引かせるだけです。
本レポートの内容に取り組むという第一歩を踏み出した自分を、
誉めてあげてください。


そして、本レポートを読み始めた日付をどこかに
メモしておくと良いかもしれません。

あなたの人生はそこから劇的に上昇のスパイラルをたどります。
数ヵ月後、その日付を振り返る時、自分のとった決断に
誇りを感じることでしょう。


追伸2.

先ほどお話しましたように、日本中でうつ病に関わっている人の数は
800万人〜1800万人と言われています。

振り返ってみて、その数の多さに私は驚いています。

その一方、私はこのレポートがこれから世に広まることで、
少しでもその数の減少に貢献できたらいいと思っています。

そしてこのレポートの内容が常識となったとき、
うつ病そのものに対する世の中の認識も変わってくるでしょう。
その日には、うつ病はもはや
「単なる心の風邪」と断言できるかもしれません。


追伸3.

うつ病は風邪どころか、
百害あって一利無しなんて思っている方も多くいるようです。

もし、そう感じているならば、私がここではっきり申し上げます。

実は、うつ病とは人生を転換させるためのチャンスなのです。

特に、思考の力について学ぶことができるチャンスです。

今はそんなこと想像することすらできないかもしれません。
しかし、はっきり言えること。それは、


うつ病を克服した後、上昇のスパイラルに突入したとき、

必ず「いい経験した」と思える日がやってくるということ。


そのことだけは心に留めておきながら、本レポートをお読みになって下さい。

必ず「良かった」と感じる日がくると約束いたします。

ここまで読んで下さりありがとうございました!
〜さよなら、うつ〜 闇からの復活プログラム




〜さよなら、うつ〜 闇からの復活プログラム





posted by うつ病完治 at 11:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつまで「うつ病」にお金や時間、エネルギーを

いつまで「うつ病」にお金や時間、エネルギーを使い続けるつもりですか・・・



薬や医者に頼らずにラクして取り組めるある方法・・・

それを実行しただけで長年苦しんでいたうつ病を

2ヶ月で完治させ、長いトンネルから抜け出すことに

成功したというその方法をあなたも今すぐ実行して、

あなたが気がついていない新しい自分を発見しませんか・・・?
〜さよなら、うつ〜 闇からの復活プログラム


(あなたは、うつ病を完全に治すことができる優れた薬が売り出されていたら、いくらで買いますか?あるいは、その薬以上の効果をもたらす簡単な方法があるとしたら、今すぐ実行したいと思いませんか?うつ病に関するそんな素晴らしい話に興味があるなら、今すぐこのページを読み進めて、うつ病完治の最短コースをクリアしてください。)





突然ですが、以下の項目に当てはまることがあるかチェックしてください。


・最近、いろいろなことへの興味、関心がなくなり、喜びを得られなくなった。

・気力が減り、疲れやすくやった。

・悲しくなったり、空虚感があったり、イライラを感じるようになった。

・死や自殺について頻繁に考えるようになった。

・睡眠が過剰になったり、夜眠れなくなった。

・現在うつ病にかかっていて、今病院に通っている。

・自分がうつ病だと分かっているが、治す為に病院に行きたくない。または薬に頼りたくない。

・典型的なうつ病の症状を感じているが、病院に行くのは怖いし、薬漬けにされたくない。

・うつ病にかかっているが、自分で簡単にラクして治す方法を知りたい。

・家族がうつ病になっている疑いがある。または現在家族がうつ病で苦しんでいる。


などなど、お考えではありませんか?

以上のうち、一つでも当てはまることがあるなら、
このページを今すぐ読み進めてください。

このページを読むことで得られる情報はあなたを助けることになるでしょう。ゆっくりと読み進めてください。




うつ病とは無縁の生活を望むあなたへ:




ほとんどの人が、
うつ病の最適な解消法を知らない・・・


まったくその存在を想像すらしていなかった人に突然襲いかかる「うつ病」。
そして「死」すら考えてしまうほどのマイナス思考の連鎖・・・。

その恐ろしさ自体は世の中にあまり知られていないのかもしれません。
ただ、その恐ろしさと共に、
「うつ病」の効果的な解消法もあまり知られていないのも事実です。

それが問題なのです。

一般的に認知されている治療法といえば、
病院に通うか、薬を服用するかというものでしょう。
その他の解消法は思いつきませんか?


もしあなたがうつ病なら、そしてその他の解消法を思いつかないというならば、
知らず知らずのうちに莫大な時間とお金、
そしてエネルギーを浪費し続けていることになります・・・。

実は、


薬や医者に頼らずにラクしてうつ病を解消する方法


が宝のごとく隠れて存在するのです・・・

そう、あなたに発見されるのを待ちながら。




うつ病対策研究家として・・・


私はある理由から、「うつ病」を解消するための方法を
ずいぶん長いこと研究してきました。

その理由とは、私の実の母がうつ病に苦しんでいたということです。

あなたが今必要としているのはその「解決法」についてだと思うので、
詳しい母の病状の経過についてはここではお話しませんが、
母は病院にも通い、薬も服用していたのです。


しかし、その症状が良くなっているとはとても思えないという状況でした。

一日中コタツで寝ていて、いつもグッタリしている様子。

その母の症状の原因というものはよく分からないのですが、
もう発病してから3年は経っていました。

うつ病について研究しているうちにそして、毎日母を観察しているうちに、
私にもうつ病の苦しさというものが少しですが理解できるようになり、
そして、苦しんでいる母をどうしても助けたいと思うようになったのです。


研究は地道に進みました。


そして情報収集をしばらくの間続けていたら、
一種のノウハウコレクターのようになってしまったのですが、
それでも収集を続けていたところ、

あるとき


「これとこれを併用すれば、効果があるかもしれない」


というようなヒラメキが次々と起こり始めたのです。

そしてその中から慎重に選び出し、母にその方法を試してもらったのですが・・・




これはすごい方法を発見したかもしれない


母の症状は1ヶ月ほどで変化が見られ、わずか2ヶ月でうつ病が完治したのです。

正直、私は短期的に症状が改善しただけだと思っていたのですが、
母はその後再発することなく、今はデザイン関係の仕事に就くべく、
デザインの勉強をワクワクしながら毎日取り組んでいます。


「この方法を自分の中にしまっておくのはもったいない。
うつ病に苦しむ、母以外の人たちにも役立つはずだ」


そう確信し、今回ここで公開することにしました。

長い期間研究し続け、
それを実際に母に試してもらって効果を確認していくうちに出した結論として、


「うつ病を治すことは簡単である」


とまで言えるようになりました。


一方、世の中でうつ病に苦しむ人々は
およそ800万人〜1800万人と言われています。

おそらくその中で、私の研究の内容について知っている人はほぼ皆無でしょう。

有益な情報が世の中に行き渡っていないのです。
そのために皆、無駄な治療を淡々と続けている・・・

その問題を解決すべく、このサイトを立ち上げました。




このレポートは、あなたを
うつ病から永久に解放することでしょう


確実にあなたの元へうつ病対策の「秘法」をお伝えするために、
情報をレポートという形にまとめました。

その内容すべてをこのページ上に公開することはできませんが、
その内容の極一部だけをここで紹介したいと思います。



・実は薬による治療は、うつ病を根本的に治すというものではありません。薬の役割と、うつに効果的な薬以外の治療法とは一体何なのか?

・うつ病になると、何もしたくなくなることが多くあります。しかし、中には避けて通れないようなこともあるでしょう。その場合、どうすれば克服することが可能になるのか?

・周りの人たちは患者さんの前で注意しておかなくてはならないことがあります。これを間違ってしまうと、患者さんを追い詰めることになり、中には自殺に繋がってしまうということもあります。患者さんに対しての大切なポイントとは?

・今通っているところは、辞めない方がベターです。その理由と、後悔しない適切な決断の仕方とは?

・ネガティブなことを考えているとその思考はどんどん増幅していき、ますますネガティブな考えが浮かんでくるようになります。では、どうやってネガティブな状況に気づいてその問題を解決し、思考をポジティブな方向へと切り替えることが可能なのか?

・これを習慣にするだけであなたの人生は大きく変化します。「死」へと繋がっている恐ろしい負の感情のループを断ち切るための適切な対処の仕方とは?

・不安をエネルギーにして飛躍する方法とは?

・うつ病や神経症の方は、以前に人に対して恐怖や不安を感じてしまうという「原因となったポイント」を見つけることが大切です。そのポイントに対する、負の感情を取り除くための分析の仕方とは?

・これさえ乗り越えてしまえば、うつ病完治に繋がります。何かに取り組もうとしてもなかなかできない、という状況の原因と、それを打開する方法とは?

・感動し、やる気も上がり、傷つくことへの免疫も強くなり、好循環のスパイラルに入ることができるというその“秘訣”とは一体何なのか?

・エゴを充たすことは神経の病にかかっている人には必須のことです。しかし中にはエゴを充たすことに対して罪悪感を抱いてしまっている人とか、親の影響のせいでエゴを充たせない人がいます。その場合に必要となる、「経過の分析と整理」とは?

・「普通になりたい」という思考では、病を克服することは難しくなります。神経症などの心の悩みを解消するための、「逆転の発想」とは?

・神経症になる人とは、本来非常に才能が豊かな、そして感受性の高い人ばかりです。ではその才能を活かしていくにはどうすればいいのか?

・サプリメントもうつ病を克服するのに役立ちます。うつ病にオススメのサプリメントと、決して買ってはいけない悪徳サプリメントの見分け方とは?

・スーパーなどで数百円で売っているあるものが、うつ病にとても良いとされています。 運動をしながらそれを活用すれば、効果は倍増です。その製品とは一体何なのか?

・これはうつ病の方は無条件で積極的に摂取するようにしてください。その食べ物とは一体何なのか?

・うつ病の患者さんでも外出するのが楽しくなる方法とは?

・運動をすることで不安や悩みを引き起こす脳の働きを抑えることができます。何かに悩んでいてそれがどうしても頭から離れないという場合に有効な、オススメの運動とは?

・情緒の安定や行動を変えるということを効果的にやっていくということを目標とした、 感情のコントロールの能力を高めることが目的の「認知療法」とは?

・現実の世界で恐れの場面を体験することなく、リラックスしながら取り組めるという、うつに効果的な「イメージ療法」とは?

・これさえ知っておけば他に知識は必要ありません。人間関係の最も基本的なコツとは?

・これをすることで、約2日間のあいだはうつの症状が治まります。どうしてもうつ病の症状を出したくないという場合に使える、ある単純な方法とは?

・音楽療法の人体や心に与える医学的な効果はどういったものがあるのか?そして、具体的にどんな音楽がうつ病に効果があるのか?

・うつ病がもし治ったとしても、それまで行ってきたプラスの習慣はしばらくの間続けていてください。その理由と、習慣にするとよい行動とは?



などなどになります。

「自分がうつだと分かったら」「うつになったら、まずやる事」
「すぐに取り組める様々な治療法」「効果が認められている運動など」
「うつに有効な「認知療法」で治す」「その他の治療法の様々」
「周囲の人たちが注意すること」「回復後の生活について」

といった、8章からなるこのレポートですが、
内容のボリュームは116ページになります。


もしあなたが単に「うつ病」について詳しく知りたい、
というのであれば、このレポートは不要です。
一般書籍でも買って読んでください。
このレポートにはうつ病に関する深い理論などは書かれていません。

すぐに役立つ実用書であり、書籍には無い貴重な情報をお届けすることは約束します。

このレポートを読んで、無駄な治療とはお別れして下さい。



>>お申し込みはこちらをクリック





これだけでは、
少し物足りない気がする・・・


さて、今回このレポートを世に出すことにしたものの、
「少し物足りない」という意識がどうしても残りました。

もちろん、メインのレポートだけでうつ病を完治することは可能ですし、
その方法で結果もしっかりと出しています。
完治のためのノウハウは十分過ぎるほどに詰め込みました。

ただ、うつ病を解消したというだけでは、再発の心配も無い訳ではありませんし、
解消後の生活は充実したものにして頂きたいと私は考えます。

そこで、以下の情報を“無料で”お付けすることにしました。


特典:成功して充実した人生を送る秘訣

本レポートを読まれた方には、

“一生再発することなく、かつ長距離成功者になってもらいたい”

という私の気持ちから、
誰よりもラクして成功者になり、それを一生維持するために
必要な情報を、特典として提供することにしました。

メインのレポートと併用すれば、大きな“相乗効果”が狙えます。

そして、プラスの上昇スパイラルと入っていくことができます。

そんなうまい話があるのかと思われてしまいそうですが、
非常に重要なことが書かれています。


この情報は、人によっては10万円以上の価値があるかもしれません。


少なくとも私には、それくらいの価値があったのです。

これは他サイトでも販売されていた情報で、


「世の中成功者で溢れてしまう」


と嘆く人もいたというものです。
是非、活用して下さい。
〜さよなら、うつ〜 闇からの復活プログラム
posted by うつ病完治 at 11:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さよなら、うつ〜 闇からの復活プログラム

さよなら、うつ〜 闇からの復活プログラム

いつまで「うつ病」にお金や時間、エネルギーを使い続けるつもりですか・・・













医者、薬に頼っているだけではうつ病を完治することはできません。



そうは言っても、うつ病の効果的な解消法はあまり知られていないというのが現状です。



今回はその「自分でラクして取り組める」方法という情報を、余すところ無く提供させていただきます。 この方法を用いて、うつ病完治の最短コースをクリアしてください。
〜さよなら、うつ〜 闇からの復活プログラム





さよなら、うつ〜 闇からの復活プログラム
posted by うつ病完治 at 11:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ病完治の最短コース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。